あわの歯科通信

2018.05.24更新

こんにちは(^^)汗ばむような日、肌寒い日と気温の変化が大きい日が続いていますね。風邪などひいていないでしょうか?

皆さんは口腔ケア用品、何をお使いですか?歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス…種類もサイズも沢山あって、迷ってしまいますよね。

何を買えばいいのか?買ったものの使い方が…なんて時は、いつでもスタッフにご相談下さいね!もちろんお使いのものを持参していただいてもOKです。アドバイスやお一人お一人に合ったもののおすすめもしていきますので、どうぞお気軽にお声がけ下さい(^^)

歯科衛生士 黒澤

投稿者: あわの歯科

2018.05.10更新

こんにちは!
5月も中旬になりました。
5月5日は[こどもの日]でしたね!

今回は、
「乳歯(子供の歯)の仕上げ磨きについて」お話したいとおもいます。

みなさんは、乳歯は何本あるのかご存知ですか?

乳歯は、上と下にそれぞれ10本ずつ。全部で20本あるんです!
歯の生える時期や、生える順番には個人差がありますが、
生後6ヶ月頃から生え始め、
3歳頃までに生え揃います。

乳歯は、永久歯(大人の歯)に比べて、酸に弱く、
歯の表面のエナメル質がうすく、柔らかく、「虫歯の進行が早い」という特徴があります。

自分で上手に歯磨きが出来ない
赤ちゃんや、小さい子供は、
ママやパパが仕上げ磨きをしてあげる必要があります!

虫歯の予防をするだけでなく、
子供の成長を確認するためにも、仕上げ磨きは大切です!

仕上げ磨きで、
虫歯をしっかり予防してあげましょう!!

歯科衛生士 渡部

投稿者: あわの歯科

2018.05.01更新

みなさんこんにちは!
どんどん暖かくなりあっという間に5月ですね!いかがお過ごしですか?

今回は、日常生活でも身近なキシリトールのお話をしたいと思います。
キシリトールは歯に良い!ということは皆さんよく聞きますよね?
では何故歯にいいと言われるのでしょうか?

それは、キシリトールには虫歯菌や歯垢を減らす力があるからなんです!

わたしたちの口の中に存在している虫歯菌は、大好物の糖を食べて歯垢を作り、菌をどんどん増やし歯を溶かしていってしまいます。
しかし虫歯菌は、キシリトールが大嫌いで、糖と同じように食べて菌を増やすことが出来ないのです。

虫歯を予防するのに一番大事なのは毎日の『歯磨き』ですが、
お助けアイテムの1つとして、生活の中に上手に取り入れていきましょう!!

 

鵜飼

投稿者: あわの歯科