あわの歯科通信

2020.03.17更新

こんにちは。

皆さんは、歯を磨いている時や冷たいものを口にした時に、強くしみることはありませんか?

知覚過敏症状は、歯の内側にあるやわらかい「象牙質」が露出してしまうことで発生します。象牙質は歯のエナメル質の内側にある組織です。

知覚過敏症状の主な原因として、過度な歯磨き、歯ぎしり、歯ぐきの後退などが挙げられます。

しかしながら、歯の痛みには知覚過敏症状だけではなく様々な原因があります。

痛みや違和感、そのほか気になる症状がありましたら、歯科医院を受診してくださいね。

山本

投稿者: あわの歯科

2020.03.03更新

連日ニュースになっているコロナウイルス 、不安になっている方もいると思います。
学校がお休みになって、自宅で過ごすお子様がいらっしゃる家庭も少なくないと思います。
ずっと家の中にいると、好きな時間に間食を摂ってしまいがちですよね。ですが、間食をダラダラと摂り続けると虫歯になるリスクが高くなってしまいます。間食は時間を決めて短時間で食べきる、フッ素入り歯磨き粉を使用して歯磨きをするなどしっかりと予防をする必要がありますね。
気になる歯がある方、および虫歯になる前に予防をしたい方はぜひ当院にご連絡ください!
歯科衛生士 手代森

投稿者: あわの歯科