あわの歯科通信

2020.05.26更新

むし歯の予防には、ブラッシングでお口の中を清掃(プラークコントロール)してむし歯菌を取り除くことが必要です。


また、むし歯になりかけの歯は、再石灰化することでもとの状態へ戻すことができます。
再石灰化には、フッ素入りのハミガキやフッ素洗口液が有効です。

むし歯は進行すればするほど削る量も治療回数も治療費も増える病気なので、早めに発見することが重要です。


歯の健康を保つことは、からだ全体の健康を守ることにもつながります。


定期的にかかりつけの歯科医院に行き、お口の中の健康を保ちましょう。


山本

投稿者: あわの歯科

2020.05.12更新

今年のGWは、どこにも行けずお家で過ごされた方が多いかと思います。

連休明けに増えるのが、「詰め物や被せ物が取れた」という患者様です。
そういった場合は、お電話でその旨をお伝えいただけますと、対応致します。
痛みがない場合でも、食べ物が挟まりやすくなってしまったり、歯が移動して寄ってしまうこともありますので、ご予約をお願い致します。
取れた詰め物を付け直すことができることもあるので、自己判断で捨ててしまったりご家庭に置いてきたりはせず、ぜひお持ちくださいね。


歯科衛生士 手代森

投稿者: あわの歯科