あわの歯科通信

2019.03.19更新

3月も終わりに近づき、少しずつ暖かくなって過ごしやすくなってきましたね。

春になると、歯科衛生士としてお仕事を始めた時のことを思い出します。だいぶ前のことですが…(^_^;)

歯科衛生士のお仕事は大きく分けて3つ
①歯科予防処置
②歯科保健指導
③歯科診療補助

厚生労働省指定の歯科衛生士養成機関で専門教育を受け、国家試験に合格すると歯科衛生士としてお仕事することができます。

歯科診療所だけではなく、病院や役所、企業などでも働くことができます。大変なこともありますが、やりがいもあり素敵なお仕事です(^^)

仙台市にも専門学校が4校あります。ちなみに全国には男性歯科衛生士も40人以上いるんですよ。興味のある方は是非♪

歯科衛生士 黒澤

投稿者: あわの歯科

2019.03.09更新

ぽかぽかと、毎日だんだんと暖かくなってきました。

桜の花が咲く4月も、もうすぐですね!!

みなさんは、1回の歯磨きに、どのくらい時間をかけていますか?

歯磨きは、時間をかけて丁寧に磨くことが理想的です。
しかし、全ての歯磨きに時間をかけることは、なかなか難しいと思います。
朝や昼、仕事などで忙しく、
歯磨きに時間をかけられない人も多いかとおもいます。

という人は、就寝前の歯磨きを、特に丁寧に時間をかけて行うことが大切です!!

就寝中は、唾液の分泌量が減少するため、口の中で細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。
就寝前に、しっかりとプラークを除去することで、就寝中の細菌の繁殖を抑制できます!

そのためにも、就寝前には、しっかりと歯磨きを丁寧に時間をかけて行っていきましょう!
また、この時に、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助用具を併用すると、なお良いでしょう!!


歯科衛生士 渡部

投稿者: あわの歯科

2019.02.19更新

「お顔の歪み」

みなさんは食事をするとき、左右どちら側でも同じように噛んでいますか?

無意識に、片側でしか噛まないという噛みグセがあるとお顔が歪んでしまうことがあります。
使わない方の顔半分は口元のシワが目立ったり、たるみになったりもしてしまうそうです…!

一度、ご自身で鏡をご確認ください!
頬のラインや口角、左右で同じですか??

左右違うかも…!?となった方は、両側でバランスよく噛むように意識してみてください★

鵜飼

投稿者: あわの歯科

2019.02.06更新

当院では、お子様にキシリトールグミを推奨しています。

キシリトールグミには、、

 

○虫歯予防

キシリトール&マルチトールを甘味料にしたシュガーレスグミですので、虫歯の原因となる酸をつくりません。

またキシリトールには虫歯の予防にも効果があるとされています。

○噛むトレーニング

噛みごたえのある少しかための弾力性グミなのでよく噛んで召し上がることができます。

虫歯予防・顎の発達・歯列不正の予防に。

梶谷

投稿者: あわの歯科

2019.01.19更新

こんにちは。
1月14日は成人の日でしたね。今年も、煌びやかな晴れ着姿がとてもステキでしたよね!
そんな中、晴れ着姿の横顔美人さんを見かけました☆
横顔美人かどうか?!判断するには、顔を横から見たときに、鼻と顎の先端を結んだ線(ライン)これを"Eライン"とよばれており、Eライン上のどこに唇の位置があるかにより判断されるそうです。
ペンや人差し指などを、鼻の先端と顎の先端にあててみて下さい。
上下の唇にペンや人差し指が、触れるか触れないかならば〜横顔美人です☆
全くあたらないのならば〜鼻が高い横顔美人です☆
私は、といいますと…残念ながら横顔美人には該当しませんでした〜笑。
お時間があるときに、皆さんもやってみて下さいね。
歯科衛生士 中鉢

投稿者: あわの歯科

2019.01.07更新

明けましておめでとうございます!
2019年もよろしくお願い致します。
みなさんいかがお過ごしですか?

さて、今回はフッ素についてお話しします。
フッ素の主な役割は、
・歯の質を丈夫にする
・酸に強くなり、虫歯になりにくくする
等が挙げられます。
フッ素塗布は、特にお子様の生えたての歯に効果的ですが、全ての年代に大切な成分となります。
そこで、日頃から取り入れるのにオススメなのが、フッ素入りの歯磨き粉!
正しいブラッシングを行い、うがいは1回程度が理想です。
そうすることで、口の中に多くのフッ素が残り、虫歯の予防に効果的に働きます。
毎日こつこつ優しく磨いて、虫歯に負けない歯を作りましょう!

土屋

投稿者: あわの歯科

2018.12.25更新

こんにちは。平成30年ももうすぐ終わりますね。

みなさんは親知らずは生えていますか?それとも埋まっていますか?

抜くと痛い、腫れるイメージのある親知らず。
なんで親知らずという名前なのでしょう?


親知らずが生えてくるのは、18歳から20歳くらいです。


その頃には親元を離れていることが多いため、親が生えてきたことを知らない、という説があるみたいです。
また、智歯。英語でwisdom toothといいます。

知恵がついてきた頃に生える歯、という説もあるみたいですね!


親知らずは磨きにくくて腫れや痛みなどのトラブルを起こしやすい難しい歯です。
他の歯や歯肉を守るためにも、親知らずでお困りの時にはお気軽にご相談下さい。

歯科衛生士 石丸

投稿者: あわの歯科

2018.12.10更新

当院は小学校や幼稚園などが近くにある事もあり、「転んで歯をぶつけてしまった」「歯が欠けてしまった」などの理由で受診される患者様が時々いらっしゃいます。

・歯がグラグラしている
・出血している
・歯が欠けてしまった
・歯の位置が変わった
・歯が抜けてしまった!
といったぶつけた直後の症状から、
・歯の色が変わってきた
・歯ぐきが腫れてきた
・歯ぐきから膿が出てきた
など、しばらく経ってから出てくる症状もあります。

何はともあれ、歯をぶつけてしまったらまずは歯科を受診しましょう。
もしも歯が抜けてしまった場合は、抜けた歯を保存液や生理食塩水または牛乳に入れて出来るだけ早く歯科を受診してください。場合によっては元の位置に戻せる可能性もあります。
また歯の色が変わってきたからといって、必ずしも神経の治療をしなくてはならないわけではなく、症状がない場合や乳歯の場合はそのまま経過観察をすることもありますが、痛みが出たり歯ぐきが腫れて膿が出てくるようであれば治療の必要があります。


歯科衛生士 松下

投稿者: あわの歯科

2018.11.21更新

少しずつ冬の気配を感じる季節になりましたね。うがい、手洗いを忘れずに!風邪の予防をしていきましょう。

虫歯とは、ミュータンス菌などの原因菌が出す「酸」によって歯の表面が溶かされていく病気です。そのまま進行すると穴があいて痛みが出てきます。歯周病と同じく重症化するまでは痛みもなく、気づきにくい事も多いので、定期検診でこまめにチェックしていきましょう。

歯科衛生士 黒澤

投稿者: あわの歯科

2018.11.12更新

こんにちは。
11月も、まもなく中旬になり、だいぶ寒くなってきましたね。
皆さん、風邪などひかないように、気を付けましょう!

今日は、「歯石」についてお話したいと思います。

「歯石」とは、
ひとことで言えば、歯垢(プラーク)が硬くなったもののことです。

歯磨きで磨き残した歯垢は、
およそ2日間ほどで、歯石へと変わってしまうと言われています。

溜まった歯垢をそのままにしておくと、唾液中のカルシウムやリンと結びついて石灰化し、やがて「歯石」となります!

歯石は、その名前の通り、
石のように硬いため、一旦、
歯に付いてしまうと、歯磨きだけでは落とすことが出来ません!

歯石の表面はザラザラしているので、その上に、さらに歯垢が付きやすくなります。

もし、歯石が付いてしまったら、早めに歯科医院へ!

日頃から、定期的に検診を受けて、歯石チェックをしてもらうと良いでしょう。

定期検診で、虫歯予防・歯周病予防をしていきましょう!!


歯科衛生士 渡部

投稿者: あわの歯科

前へ 前へ