入れ歯を希望する方へ

もし歯が抜けてしまったら

虫歯や歯周病が進行して歯が抜けてしまったら、必ず歯医者さんで検査と治療を受けるようにしましょう。1本くらいなくても何とか食べることはできますし、奥歯であれば目立つこともありません。しかし、隣の歯が倒れてきたり、噛み合わせていた歯が出てきてしまったり、やがて歯並び全体が崩れていってしまいます。なお、歯が抜けた時の治療方法としては、入れ歯・ブリッジ・インプラントがあり、「しっかりと噛めるか」「目立つかどうか」「お手入れは簡単か」「費用はいくらくらいか」などの要素を考慮して、患者さんの最も納得できるものをお選び頂くことが重要です。当院では、全ての可能性をきちんとお話した上で、患者さん自身に選択して頂くようにしています。

被せ物

虫歯治療で歯を削った後は、詰め物や被せ物で修復することになります。この詰め物・被せ物には様々な種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。当院では、患者さんとよく話をし、納得されたもので修復するようにしています。もしご不明な点がありましたら、お気軽にお聞き頂ければと思います。

 

【金属製の被せ物】

保険内で対応でき、機能性にも問題はありません。しかし、金属なので見栄えを気にする方はおります。
※ただし、ゴールド修復は保険適応外になります。

 

【セラミック製の被せ物】

自然の歯のような仕上がりになりますので、審美性には非常に優れています。機能性も問題はありませんが、保険適応外となります。

被せ物の種類

オールセラミック

セラミック(陶器)だけで作られたものです。自然な白さに仕上げることができ、汚れも付きにくいという特徴があります。
噛み合わせの場所によっては使用できないこともあります。

ジルコニア

人工ダイヤモンドと呼ばれるほど固い素材で、色は白く、高い耐久性を持っています。
尚、ジルコニアをベースに、表面にセラミックを焼き付けて自然な感じにすることも出来ます。

メタルボンド

金属をベースに、表面にセラミックを焼き付けたものです。
丈夫かつ表面は白くなりますが、金属アレルギーのある方には適応できません。
オールセラミックに比べて、やや透明感に欠けます。

パラジウム合金(保険適応金属)

金属製の詰め物・被せ物で、一般的に「銀歯」を呼ばれているものです。
金属アレルギーの方は装着出来ません。金属のため審美的に気にする方もおります。

ゴールド

金属製の詰め物・被せ物で、一般的に「金歯」を呼ばれているものです。
歯への適合も良く、金属アレルギーになりにくいです。金属のため審美的に気にする方もおります。

入れ歯について

歯を失った方には、「入れ歯」という選択肢があります。入れ歯は、外科的な処置をしないので、身体への負担は非常に少ないです。
また、取り外しが可能なので、手入れがしやすいというメリットがあります。しかし、入れ歯は本来、あなたの口の中に無かったモノなので、形がピッタリ合わないと、食事や会話時にストレスを感じてしまい、身体的にも精神的にも良くありません。

当院では、患者さんのお口の中の状態に合わせ、様々な種類(素材)の入れ歯を提案できます。患者さんが健康な生活を送れるように、最善の提案をして行きます。まずは、お気軽にご相談ください。