むし歯・根管治療

むし歯になったら悪化する前に治療を

 学校や職場の歯科検診でむし歯の指摘を受けても、特に痛みもないし、歯科医院に行くのは面倒だから、歯科治療は苦手だからと放置される方も少なくありません。歯がうずく、痛いという段階になって、ようやく来院される方も多いですが、自覚症状が現れる段階では、むし歯はかなり進行しています。

 初期むし歯であれば痛みはなく、治療も短期間で簡単に終えることができます。ですが、悪化してしまうと治療期間や費用がかかるだけでなく、最悪の場合には歯を抜かざるを得なくなることや治療で痛い思いや辛い思いをすることもあるのです。

 治療が辛いと歯科医院が嫌いになり、むし歯ができても、なかなか来院しないという悪循環に陥ってしまいます。
治療を負担を少なくするためにも、むし歯になったら悪化する前にご来院ください。

当院の治療方針

当院のなるべく痛くない治療

電動麻酔

 治療時の痛みや刺激を感じなくさせるためや抜歯などの必要に伴い、麻酔をすることがあります。ですが、麻酔の注射そのものが痛くて怖いという方も少なくありません。

 手動の注射器は麻酔液を入れる際に人の手によって力がかかるため、刺激を感じやすいです。そこで、当院では麻酔液が体内にゆっくりと注入できることで痛みがほとんど生じない電動麻酔器を採用しております。

できるだけ歯を残す治療

極細の針 

 注射時の痛みを抑えるためには、痛みを感じにくい、なるべく細い針を用いるのがベストです。そこで、当院では注射針の中でも極細の針を使用しております。

表面麻酔

 治療時の痛みよりも、治療前の麻酔注射を打つ際の刺激が苦手と感じる方は多いです。表面麻酔は注射による痛みが生じず、しかも治療中の刺激を感じなくなることで、治療への不安も緩和できます。

人肌に液を温める

麻酔液と体内の温度差があると、麻酔液が入ってきたことを感じやすくなり、痛みにつながります。当院では、麻酔液を注入する際に最も痛みを感じにくい37℃に温め、体内との温度差をなくしています。

恐怖心を感じないようにコミュニケーションをとります

 人は何をされるかわからないままに物事を進められると、恐怖を感じるものです。不安を抱いたまま治療を受けることがないよう、一つひとつの作業を行う前にお声掛けをしております。

 患者様の反応を見ながら治療を進めてまいりますので、どうぞご安心ください。

痛みを軽減し、負担をなくす治療

当院のなるべく削らない治療

定期検診による経過観察の徹底

 当院ではなるべく削らない治療を心がけております。そのためにはむし歯の予防が不可欠です。

 治療後の経過観察を徹底して再発防止を図るほか、健康な歯であっても定期検診と歯のクリーニングによる予防をおこないます。

 

できるだけ歯を残す治療

なるべく銀歯を使用せずにCR(白い詰め物)充填 

 詰め物の銀歯は金属色が目立ちやすく、金属アレルギーのリスクもあります。当院では軽微なむし歯であれば、CRと呼ばれる白い詰め物で治療するのが基本です。

拡大鏡

 歯を削る量を最小限に抑えられるよう、拡大鏡を用いて丁寧に削っていきますのでご安心ください。

拡大鏡

5倍速エンジン

歯を削る際のキーンという嫌な音を抑えて、治療時の不安を取り除くとともに、より精緻に削れるため、削る量を最小限に抑えられます。

う蝕検知液

 う蝕検知液を治療中に歯に塗布することで、むし歯になっている部分が色で明確化できます。色が染まった部分だけを削ることで、削る量を最小限に抑えることが可能です。

当院のなるべく神経をとらない治療

時間をかけて治療をしていく

 むし歯が悪化し、神経まで達していた場合は感染した神経を取り除かなくてはなりません。

 ですが、当院ではなるべく歯を残せるよう、根管治療を行っております。
精緻な技術と感染症対策が必須ですが、高度な治療技術がございますので、ご安心ください。