詰め物・被せ物

審美歯科とは

 審美歯科はむし歯や歯周病などの歯の病気や噛み合わせなどの治療とは異なり、歯の白さや歯並びの美しさを求めるための治療のことです。過去の治療で入れた銀歯に抵抗がある方や黄ばみや黒ずみが気になり歯を白くしたい方、より美しい口元を目指したい方におすすめです。

 当院の審美歯科では、歯を白く導くホワイトニングをはじめ、詰め物や被せ物を用いた人工歯による審美治療をメインにご提供しております。お口のお悩みは患者様によって異なり、なりたいイメージや理想も異なります。
丁寧なカウンセリングを実施し、お悩みを解決し、理想が叶う方法をご提案させていただきます。

当院の審美歯科の特徴

皆様に合った適切な素材を提案します

 患者様ごとに異なるお悩みやご希望に合わせ、適切な素材と治療法をご提案いたします。
それぞれの方法によるメリットとデメリットを説明し、納得のいく治療が受けられるよう、しっかりとサポートさせていただきます。
1つのお悩みやご希望を叶える方法も複数あるため、複数の選択肢とそれぞれの特徴やメリット、デメリットをご提案することで、ご希望やご予算に合った方法をお選びいただくことが可能です。

入れ歯について

審美歯科専門の技工士

 当院では審美治療を専門とした歯科技工士と提携しております。

 患者様の歯の状態やご希望、お悩みを歯科技工士が共有し、理想を叶える被せ物や詰め物を製作していくため、ご満足いただける仕上がりが実現できるのが強みです。

金属アレルギーのリスクとは!?

 金属アレルギーはピアスの穴を開けて装着したことで突然として発症するほか、歯科治療でも起こることがあります。銀歯が原因の金属アレルギーを引き起こすと歯肉の黒ずみなどが発生することやその後の歯科治療で銀歯を用いることも難しくなります。

 審美治療では銀歯を使うことなく、金属を使わない白い詰め物や被せ物、人工歯を利用しますので、見た目の美しさはもちろん、金属アレルギーも防止できるのがメリットです。

詰め物・被せ物の種類

ジルコニア

 ジルコニアはダイヤモンドの代わりとしてジュエリーなどにも採用されるほど、硬度と透明感に優れています。歯科用のジルコニアはより白くて硬く、柔軟性が高まるように改良された素材です。

 硬度が求められる奥歯の被せ物としては、表面が歯科用セラミックで内側がジルコニアのジルコニアクラウンやジルコニアブリッジが適しています。
金属アレルギーの心配もありません。

セラミック

 詰め物や被せ物に使う素材の中では最も透明度が高く、前歯など人目につきやすい部分に適しています。セラミックにはガラス素材とジルコニア素材があり、希望や部位に合わせて選ぶことができます。

 ガラス素材のセラミックは天然の歯のようなしなやかさがあり、透明度が高く、色調の再現度も高いです。よく曲がるので噛み合う歯を傷める心配もありません。ジルコニア素材のセラミックは強度と耐久性に優れているため、奥歯やブリッジで使うケースが多くなります。

 表面にジルコニアを使うと、プラスチックのようなツヤのない仕上がりになるため、フレームをジルコニアにして表面をセラミックにすることで、自然な透明感を出すことができます。

ハイブリッド

 セラミックと歯科用レジンと呼ばれるプラスチックを混ぜた素材で、セラミックに比べて安価です。

セラミックならではの透明感や美しさとプラスチックの弾力性を兼ね備えながら低コストで審美治療が受けられます。セラミックに比べて弾力性があるので割れにくく耐久性にも優れるうえ、噛み合う歯を傷めるリスクも小さいのがメリットです。